サイクリングモデルコース  「旧市街COURSE」

30分(移動にかかる所要時間) 

 

今から500年前、中世の堺は日本一の貿易都市となり、その後も一大商業都市として輝かしい発展を果たしました。

その舞台となったのが、現在、チンチン電車が走る路線の南北に広がる「旧市街」と呼ばれるエリア。度々戦火で焼け出されたものの今も界隈には当時をしのばせる建物が多数点在。建築から工芸、食など多彩な伝統文化を伝えています。

 
{{ // BLOCK END }}

コース説明

2. 堺伝統産業会館
堺の伝統産業を一堂に集めた複合施設。堺ブランドの、熟練の職人が手掛けた100種類を超える包丁の展示販売など堺刃物ミュージアムは必見。

3. 山口家住宅
国の重要文化財に指定。17世紀初頭の町屋建築。太い丸太の梁で構成された天井や広い土間は壮観で、当時の町家の雰囲気を存分に感じることができる。

5. 本願寺堺別院
14世紀創建の浄土真宗本願寺の寺院。内陣は金箔や極彩色の彫刻が施されて荘厳な空間、まるで極楽浄土が再現されているよう。

6. 妙國寺
織田信長ゆかり、伝説の大蘇鉄は樹齢100年を越す国指定天然記念物。

7. 菅原神社
997年に創建、菅原道真をまつる神社。学問の神、文化の神。天神さんと呼ばれ親しまれている。

8. 開口神社
1700年余りの歴史をもつ、旧堺市街唯一の式内社。

9. かん袋
堺の老舗和菓子屋。餅を餡でくるんだ、くるみ餅が名物。サイクリングで疲れた身体に一息。

10. さかい利晶の杜
茶の湯の大成者千利休と、日本近代文学を切り拓いた与謝野晶子の展示紹介。堺の歴史や文化の魅力を感じることができるほか、旅の終わりにお土産も購入できる。

 

{{ // BLOCK END }}

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。