イベント情報

イベント情報一覧

堺市民能

堺市民能は大阪万博の昭和45年、堺市出身の能楽師長山ネ豊三郎氏が大鳥大杜で「堺薪能」を公演したのが始まり。昭和51年の第6回目から堺市民会館に会場を移し、名称も「堺市民能」と改め能・狂言を上演してきました。平成26年の第44回からは、「堺薪能」発足の地 鳳にある堺市立西文化会館で開催されています。

エリア

西区

開催日

毎年7月第3土曜日

開催地

西文化会館 ウェスティ

堺の夏の風物詩『堺大魚夜市』

鎌倉時代に始まったといわれ、およそ700年の歴史を誇る堺の夏の風物詩「堺大魚夜市(さかいおおうおよいち)」。毎年7月31日に開催されます。一番の見どころは豪快な魚セリです。

エリア

堺区, 旧市街地周辺

開催日

7月31日

開催地

大浜公園

御輿渡御

古式豊かな神事。7月31日に大鳥大社から、8月1日に住吉大社から神輿が宿院頓宮に渡御します。

エリア

堺区, 旧市街地周辺

開催日

毎年8月1日

開催地

宿院頓宮

金岡町大太鼓担ぎと盆踊り

氏子11町内の大太鼓が若者数十人に担がれ町内を運行し、夕刻より順次宮入りをします。勇壮この上ない夏の風物詩です。   ※写真は「金岡神社」です。

エリア

北区

開催日

毎年8月14日、8月15日

開催地

金岡神社

万灯会

万物の霊に灯火をささげ、無病息災を祈る伝統行事。願いを込めた千基にのぼる灯ろうのろうそくの火が、境内に幻想的な雰囲気をもたらします。万灯会は、万物の霊に灯火をささげ、無病息災を祈る伝統行事です。文政8年(1825年)に始まったとされる法雲寺の万灯会は、廃仏毀釈で一時中断されましたが、100年以上の時を経て復活しました。見る人の心を和らげ、浄化してくれる「いやしの灯」、お盆(8月15日)の夜、それぞ...

エリア

美原区

開催日

毎年8月15日

開催地

法雲寺

万灯供養

万物の霊に灯火をささげ無病息災を祈る伝統行事で、灯ろうに火がともり幻想的に行われます。

開催日

毎年8月16日

開催地

感応寺

2019年 「未来」 堺大会

「与謝野晶子とわたし~晶子から何を受け継いだのか~」をテーマに、「未来短歌会」の全国大会を堺で開催します! 1日目のプログラム(大島史洋による基調講演、山下洋輔と笹公人による対談、シンポジウム)はどなたでもご参加いただけます(会費2,000円)。

開催日

2019年8月24日(土)、8月25日(日)

開催地

ホテル・アゴーラ リージェンシー大阪堺

ふとん太鼓

堺の秋祭りとして有名なのがふとん太鼓で、大きな神輿を担いで練り歩く祭りです。五枚重ねの朱色のふとんは、神様が座る場所で目にも鮮やかです。 9月中旬を中心に開口神社をはじめ多くの神社で行われています。百舌鳥八幡宮では、中秋の名月にかけて行われ「月見祭」と呼ばれています。大小17基のふとん太鼓が2日にかけて宮入り宮出を行う、華麗でダイナミックな祭りです。■ふとん太鼓の祭りが開催される神社開口神社、菅原...

開催日

毎年9月中旬~10月上旬

開催地

上記の通り

だんじり

ふとん太鼓と並んで、堺の地域の秋祭りを代表するのがだんじり祭りです。だんじりと呼ばれる地車を曳く、躍動感あふれる勇壮な祭りで、泉州の祭りの典型としても有名です。 現在80台以上のだんじりがあり、各町とも名作揃いといわれ、古い歴史と伝統を誇っています。10月に、大鳥大社はじめ多数の神社の秋祭りとして活発に行われています。■たんじりの祭が開催される神社愛宕神社、石津神社、大鳥大社、日部神社、櫻井神社、...

開催日

10月上旬~中旬

開催地

上記の通り

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘のコスモス

33haの広大な丘陵地に広がる自然いっぱいの体験型農業公園「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」。約50万本のコスモスが吊り橋を渡った村のエリア約4,000平方メートルの花畑に可憐(かれん)な花を咲かせます。

エリア

南区, 泉北周辺

開催日

10月上旬~11月上旬

開催地

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘

上神谷のこおどり

今年はこおどりが伝承されている上神谷周辺の台風21号の被害のため、奉納が見送られることになりました。 なお、櫻井神社の秋季例大祭および、例大祭にともなう氏子入り、お神楽(かぐら)、だんじりの宮入(みやいり)・曳航(えいこう)などの行事は予定どおりおこなわれます。雨乞いのおどりから始まったといわれ、桜井神社に奉納されるまつりで、国選択・府無形文化財に指定されています。鬼や天狗に扮した17人の踊り手た...

エリア

南区, 泉北周辺

開催日

毎年10月5日に近い日曜日

開催地

櫻井神社

堺まつり

「堺まつり」に御社の広告を掲出しませんか?詳しくはこちらをご覧ください。市内最大のまつりとして「堺まつり」は昭和49年から毎年開催しています。勇壮な火縄銃隊の演技やふとん太鼓、時代衣装や民族衣装の行列などが趣向をこらした演出で参加する「大パレード」、千利休が大成した茶道文化を継承し、茶の湯の発展を目的に開催する「利休のふるさと堺大茶会」、堺の特産品などを即売する「なんばん市」など、時代色・国際色豊...

開催日

毎年10月第3日曜日とその前日

開催地

大小路筋、大仙公園ほか

長峰花摘み園のコスモス

摘んだコスモスは持ち帰りできます。(有料)

開催日

10月中旬~11月上旬

開催地

長峰花摘み園

鉢ヶ峯フラワー農園コスモス館のコスモス

切花用に栽培されているコスモスです。(有料)

エリア

南区

開催日

10月中旬~下旬

開催地

鉢ヶ峯フラワー農園コスモス館

やっさいほっさい

108束の薪を神前で焚き、「やっさいほっさい」の掛け声で火の中をわたる神事が行われます。薪の燃え残りを家に持ち帰ると、厄除けのまじないになるといわれています。

エリア

西区

開催日

毎年12月14日

開催地

石津太神社

古式弓道射初式

射間距離60mの大的を競射する奉納礼射式です。

エリア

北区

開催日

毎年1月2日

開催地

百舌鳥八幡宮

戎祭

商売繁盛の「えべっさん」のお祭りで、他に石津太・石津・陶荒太・櫻井・萩原神社などで行われます。

エリア

堺区, 旧市街地周辺

開催日

毎年1月9日、1月10日、1月11日

開催地

菅原神社

鈴占神事

毎年2月節分の日に蜂田神社で行われる、恒例の鈴占神事。占鈴12個(十二支)の土鈴の音色で、その年の吉凶を占うものです。   ※写真は「蜂田神社」です。

エリア

中区

開催日

節分

開催地

蜂田神社

荒山公園の梅林

荒山公園の梅林は花の名所づくりの一環として昭和59年から植えはじめ、現在50品種・約1,400本あります。2月中旬から3月上旬に見頃を迎えます。

エリア

南区

開催日

2月中旬~3月上旬

開催地

荒山公園

利休忌

茶道を大成し「茶聖」と称された千利休の遺徳をしのぶ茶会が催されます。   ※写真は「千利休画像(堺市博物館蔵)」です。

エリア

堺区, 旧市街地周辺

開催日

毎年2月下旬

開催地

南宗寺

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。