モデルコース「レンタサイクルでめぐる"堺・旧市街”」

今から500年前、中世の堺は日本一の貿易都市となり、その後も一大商業都市として輝かしい発展を果たしました。

その舞台となったのが、現在、チンチン電車が走る線路の南北に広がる「旧市街」と呼ばれるエリアです。度々の戦火で焼け出されたものの、今も界隈には当時をしのばせる建物が多数点在。建築から工芸、食など多彩な伝統文化を今に伝えています。

この歴史あるエリアをレンタサイクルでめぐり、新たな魅力を発見してみませんか? 紀州街道をはじめ、堺の道路はゆったり広くて、サイクリングも快適です。

 
{{ // BLOCK END }}

ルート案内

①堺駅観光案内所
Start!

②堺市立町家歴史館 山口家住宅

堺駅観光案内所

堺市立町家歴史館 山口家住宅
約1.8km 約10分

③七道エリア

堺市立町家歴史館 山口家住宅

七道エリア
約0.5km 約3分

④本願寺堺別院
七道エリア本願寺堺別院
約1.1km 約7分

⑤SAKAINOMA cafe
本願寺堺別院
→SAKAINOMA cafe

約1.1km 約7分

⑥堺刀司 庖丁資料館

SAKAINOMA cafe
→堺刀司 庖丁
資料館
約1km 約5分

⑦茶寮 つぼ市製茶本舗

堺刀司 庖丁資料館
→茶寮 つぼ市製茶本舗

約0.1km 約1分

⑧堺伝統産業会館
茶寮 つぼ市製茶本舗
堺伝統産業会館
約0.5km 約3分

⑨堺駅観光案内所
堺伝統産業会館→堺駅観光案内所
約1.1km 約7分
Goal!

~百舌鳥古墳群~

堺の旧市街めぐりの後、「百舌鳥古墳群」を訪ねるのもおすすめ。

堺駅から約20分程度で国内最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳拝所」に到着。

 

*所要時間は普通自転車をベースに算出しています。
 

{{ // BLOCK END }}

 

Start!①堺駅観光案内所

レンタサイクルに加え、観光情報も充実

 

まずは、南海・堺駅西口に直結した「堺駅観光案内所」で自転車をレンタルしましょう。簡単な手続きで借りられるだけでなく、観光に役立つ地図やパンフレットが充実しているのもうれしいポイント。堺の町や文化に精通したボランティアスタッフも常駐しているので、四季折々の見どころや観光ルートについても相談してみては?

レンタサイクル 1日:普通自転車300円、電動アシスト自転車500円。
受付時間 9:00~16:30
ご利用時には免許証・パスポートなどの本人確認ができる証明書のご提示が必要です。

返却先は「大仙公園観光案内所」でもOK。
手続き時に申請しましょう
{{ // BLOCK END }}
長距離や坂道もラクラク走れる電動アシスト自転車で、いざ出発!
{{ // BLOCK END }}

 


 

↓所要時間:約1.8km 約10分


 

②堺市立町家歴史館 山口家住宅

贅が尽くされた、堺商人の豪邸を拝見

入り口の土間にて。観光ボランティアによる丁寧な解説もあります。
{{ // BLOCK END }}

旧市街の見どころのひとつが、立派な木造建築。その昔、貿易や商売で栄えた堺の町人たちが、自宅の建物に最もお金をかけたのがその理由です。「堺市立町家歴史館 山口家住宅」はその最たる存在で、敷地面積は840㎡。主屋は国内でも希少な17世紀初頭の町家建築で、国の重要文化財に指定されています。ちなみに町家とは、店舗などの商業空間と住居が一体になった建物のことで、こちらでは広々とした入り口の土間も特徴です。太い丸太の梁を何本も渡し、格子状に構成された天井の眺めは壮観! 建物の奥には、美しい庭に面した居住空間が広がります。

 

 

{{ // BLOCK END }}

 

台所も広々! かまどは5つあり、この家がかつて多くの使用人を抱えていたことがわかります。

欄間の透かし彫りも見事。細部まで贅を凝らすのが堺流で「堺の建てだおれ」の異名も。

奥座敷に面した庭園も見所です。畳や縁側に座ってほっとくつろぐ時間も心地いい。

白い漆喰と板壁、瓦屋根が連なる姿が美しい外観もお見逃しなく。風情満点です。

{{ // BLOCK END }}

 

↓所要時間:約0.5km 約3分


 

 

③七道エリア

のどかな時間が流れる、懐かしい街並み

老舗のお香店、鉄砲鍛冶屋敷が徒歩圏内に点在しています。
{{ // BLOCK END }}

山口家住宅から少し北へ進むと「七道(しちどう)」に到着。ここは、歴史ある町家建築が最も多く残るエリアです。近世には鉄砲鍛冶が多く居住していたため「鉄砲町」という地名も残り、当時の鉄砲鍛冶屋敷も現存しています。界隈には老舗のお香店や刃物店、週末だけオープンするおしゃれな古道具店やインテリアショップもあり、新旧の暮らしの道具やヒントに出合うことができます。近くに自転車を止めて、のんびり歩いてめぐるのもおすすめです。

 

左:観光名所の案内看板もあるので、散策の参考に。
右:「堺市立町家歴史館 清学院」。江戸期に寺子屋として活用された元寺院で、内部の見学も可能。
{{ // BLOCK END }}

 

スポット情報

{{ // BLOCK END }}

 

↓所要時間:約1.1km 約7分


 

④本願寺堺別院

本堂は市内最大の木造建築。襖絵も絢爛豪華!

中世の海外交易の様子を描いた襖絵(右側部分)。
{{ // BLOCK END }}

続いて訪ねるのは、14世紀創建の浄土真宗本願寺派の寺院。本堂は1825年の再建で、堺市内で最も大きな木造建築としても有名です。内陣は金箔や極彩色の彫刻が施された荘厳な空間で、まるで極楽浄土が再現されているかのよう。左右の襖絵には中世・堺の南蛮貿易の様子が描かれており、当時の繁栄ぶりを想像することができます。なお、堺市は近代化が進む過程で「県」に昇格していた時代があり、1871年から10年間、この寺院が「堺県庁」として使用されました。

 

*境内の参拝自由。本堂見学を希望する場合は事前予約が必要です。

 

 

 

ご本尊を安置する内陣装飾も圧巻。精巧な職人技によって、金箔や極彩色が彩られています。

壮麗な襖絵は1999年、浄土真宗中興の祖・蓮如上人500回遠忌法要を機縁に新調されたもの。

1825年に再建された本堂の渡り廊下も広々。細部の彫刻も細やかで、見所は尽きません。

境内に建つ蓮如上人像。見上げるほど大きく、対面には宗祖の親鸞聖人像もあります。

{{ // BLOCK END }}
 

 

↓所要時間:約1.1km 約7分


 

⑤SAKAINOMA cafe

地元の交流拠点でもある、アットホームな古民家カフェ

古民家をモダンにリノベーションしたカフェ店内。
{{ // BLOCK END }}

 

築60年の古民家を改装した宿泊施設兼カフェで、ランチや午後の休憩にぴったりのスポットです。

地元産の食材を使った手作りベーグルサンドやチキンカレーなどの食事から、季節の果実で仕立てるスイーツやドリンクを味わえます。

地元の人々も旅人も集うこちらのお店は情報収集にも最適で、廊下にある黒板は、いつもおすすめスポットや最新イベントの情報でぎっしり。スタッフも堺を愛する人々ばかりなので、ぜひ気軽に話しかけて、地元ならではの隠れ家スポットを聞いてみてください。

 

 

堺名物のひとつ“堺伽俚(サカイカリー)”のルーで作る
「焼き野菜チキンカレー」と「アイスチャイ」のセット1,350円(税込)。
{{ // BLOCK END }}

 

 

 

↓所要時間:約1km 約5分


 

⑥堺刀司 庖丁資料館

世界が注目する「堺刃物」の歴史と今にふれる

豊富な知識をお持ちの「和泉利器製作所」7代目信田圭造社長。
{{ // BLOCK END }}

 

約600年の歴史を誇る、堺の伝統産業「打刃物」。熟練の職人技から生まれる品質は国内最高峰で、プロの和食料理人が使う庖丁類では98%のシェアを誇るほど。この堺刃物の歴史や製法を、豊富な展示史料を見ながら詳しく学べる資料館です。運営するのは「堺刀司」の愛称で知られる、1805年創業の老舗刃物店。職人さんが自ら案内してくださるので、内容が深く、分かりやすいのが魅力です。庖丁鍛治技術の元になった刀剣や火縄銃の展示も必見。資料館の隣には店舗もあり、プロ仕様の庖丁の購入も可能です。

 
左:和庖丁の材料から完成までの工程を紹介する展示。すべて手仕事で行われているそう。
右:昔の庖丁づくりの様子を再現した展示。
{{ // BLOCK END }}

 

 

 

↓所要時間:約0.1km 約1分


 

⑦茶寮 つぼ市製茶本舗

老舗茶店で、絶品の抹茶スイーツに舌鼓を

坪庭に面した席で、いただきます〜♪
{{ // BLOCK END }}

 

堺刃物について学んだ後は、おいしい日本茶を味わいながらひと息入れましょう。「茶の湯」を大成させた千利休が生まれた堺は今も茶の湯が盛んで、町には上質なお茶を扱う名店が多数あります。160年以上の歴史を持つ「つぼ市製茶」もそのひとつ。歴史ある町家をリノベーションした広い店内に、喫茶スペースとショップを併設しています。

人気はまろやかなコクが自慢のお抹茶や、濃厚な抹茶アイスを乗せた「特選抹茶パフェ」。秋冬限定の栗ぜんざいも絶品で、ホクホクとした和栗の甘さが口いっぱいに広がります。

{{ // BLOCK END }}
 

広々とした歴史ある町家の風情を生かして改装した店内。お茶を焙じる香ばしい香りが漂います。

抹茶アイスとほうじ茶ゼリーが好相性の「特選抹茶パフェ」864円、「抹茶 –堺の昔–」594円(各税込)。

こだわりの日本茶が揃うショップ。便利なティーバッグ入り、ほうじ茶ラテもあります。

外観は、古き良き堺の街並みを思い起こさせてくれます。記念写真の撮影もお忘れなく。

{{ // BLOCK END }}
 

 

↓所要時間:約0.5km 約3分


 

⑧堺伝統産業会館

堺メイドの手仕事をお土産に。週末は職人の実演も

ショップ「堺いち」に堺の名産品が大集合。
{{ // BLOCK END }}

 

楽しいツアーの最後は、おみやげ選びで決まり! こちらは、堺の伝統産業を一堂に集めた複合施設で、1階には注染手ぬぐいや昆布、醤油など、堺の名産品を一堂に取り揃えたセレクトショップ「堺いち」と、堺を代表する8つの産業の職人技を紹介する「匠のひろば」があります。週末は職人による庖丁研ぎや和菓子づくりの実演、お香作り体験も開催中。2階の「堺刃物ミュージアム」では、展示のほか、熟練の職人が手がけた庖丁や鋏が勢ぞろいする販売コーナーもあります。

 

 
{{ // BLOCK END }}
 

堺の伝統的な町家をモチーフにした外観。ひさしが長く、昔は雨の日も傘がいらないほどだったとか。

2Fの「堺刃物ミュージアム」は展示も充実。丁寧な接客で、庖丁選びをサポートしてくれます。

「堺刃物ミュージアム」内観。製法や様々な用途の庖丁を紹介するコーナーもあります。

堺の職人技を紹介する「匠のひろば」。写真は「緞通(だんつう)」と呼ばれる敷物用織機。

{{ // BLOCK END }}
 

 

↓所要時間:約1.1km 約7分


 

Goal!⑨堺駅観光案内所

最後はスタート地点の堺駅に戻り、16時30分までに自転車返却を済ませましょう。

その昔、堺では町中に環濠(運河)をめぐらせて物資を運搬していました。その名残があちこちにあるので、復路は爽やかに環濠沿いを通ってみてはいかがでしょう?

環濠の名残は堺駅前にも。南蛮人像が目印です。
{{ // BLOCK END }}

 

~足をのばして、百舌鳥古墳群へ~

 


堺の旧市街めぐりの後、足をのばして「百舌鳥古墳群」を訪ねるのもおすすめです。

電動アシスト自転車を使えば、堺駅から約20分程度で国内最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳拝所」に到着。4世紀末〜6世紀にかけて築造された古墳は合計44基あり、周囲の見学には小回りのきく自転車が便利です。

堺駅でレンタルした自転車を、古墳群近くの「大仙公園観光案内所」で返却することもOK。ぜひご活用ください(営業時間9:00〜16:30)。

{{ // BLOCK END }}

スポット情報

{{ // BLOCK END }}


 

 

{{ // BLOCK END }}

モデル:CLAIRE(Anela Model)、松本千秋(堺観光コンシェルジュ)

撮影:山崎純敬、浜中悠樹、山口恵子

取材・文:山口紀子

{{ // BLOCK END }

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。